• Stage Image 0
    Menu
  • Stage Image 1
    ユーザーマニュアル Chronoの機能説明
  • Stage Image 2
    ユーザーマニュアル 針の再調整
  • Stage Image 3
    ユーザーマニュアル 日時設定

対応マニュアル検索

Step 1: お探しの機能はなんですか?

 

再選択
  • 曜日/日付設定
  • 時間設定
  • クロノグラフの調整
  • 再調整
  • 電池の交換
  • 追加機能

Step 2: 時計のタイプはどれですか?

 

再選択
  • Standard
  • Swatch Touch
  • Swatch Touch
  • Standard
  • Touch/Fun
  • Standard
  • Retrograde
  • Chrono Automatic
  • Swatch Touch
  • Standard
  • Retrograde
  • Chrono Medium
  • Skin Chrono
  • Touch / Fun
  • Standard
  • Skin
  • Touch / Fun
  • Swatch Touch
  • Loomi
  • Loomi Touch
  • Pop
  • Scuba
  • Alarm
  • Swatch Touch

Step 3: 個別機能を選択

 

再選択
  • タイミングモード
  • 追加機能
  • 速度計
  • スプリットタイム
  • タイミングモード
  • 追加機能
  • 速度計
  • スプリットタイム
  • タイミングモード
  • 追加機能
  • 速度計
  • Alarm
  • Alarm
  • Beep
  • Timer

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Standard | スプリットタイム

スプリットタイム

次の順序でボタンを押して下さい

1.上部ボタンでストップウォッチはスタ ートします。

2.下部ボタンで経過時間を読み取りま す。

3.下部ボタンを再び押すと継続します。(クロノが計測を続けているので、2と3の過程を何回も繰り返すことができます。)

4. 上部ボタンで計測がストップします。

5.下部ボタンでストップウォッチがリセ ットされます。

このページを印刷

最新マニュアル: 時間設定 | Standard

時間設定

A: リューズの通常のポジション

C: 時刻設定のポジション

時刻設定をする場合、リューズをCの位置まで引き、時計方向か逆時計方向に回して時刻を合わせます。時刻設定後、リューズをAの位置に戻します。

 

このページを印刷

最新マニュアル: 電池の交換 | Skin

電池の交換

バッテリーのふたを小さいスクリュードライバーで注意して開けて下さい。

新しいバッテリーを陽極(+)を下にしてバッテリーのふたの中に入れて下さい。

バッテリーのカバーを押してしっかりと時計のケースの中に戻します。

重要:認可のない者に取り扱われた Swatch の時計は、メーカー保証の対象ではありません。

このページを印刷

最新マニュアル: 再調整 | Retrograde

再調整

クロノグラフの調整(例:電池交換後や激しい衝撃を受けた後など)

1. リューズをBの位置まで引く。

2.下部のボタンを押し、秒カウンターの針を12時00分の位置(レトログラードの場合:60分カウンターの針を0の位置)に戻す。

3. リューズをCの位置まで引く。

4.上部ボタンを押し、秒カウンターの針を12時00分(レトログラードの場合:3時00分)の-位置に戻す。

5.下部のボタンを押し、10分の1秒カウンターの針を12時00分の位置に戻す。(レトログラードの場合:1/2分計を0の位置に戻す)

6. リューズをAの位置まで押す。

このページを印刷

最新マニュアル: 電池の交換 | Standard

電池の交換

注意:
電池を交換する際、脇の(+)極と底の(-)極を破損させないようご注意下さい。

重要:認可のない者に取り扱われた Swatch の時計は、メーカー保証の対象ではありません。

このページを印刷

最新マニュアル: 再調整 | Skin Chrono

再調整

クロノグラフの調整(電池交換後または強い衝撃を受けた後など):

1.P1P2を同時に押し、ABおよびCが回転するまで押しつづけます。

2.P2を押し、Aを1回転させます。

3.P1を押してAを所定の位置に合わせます。

4.P2を押し、Bを1回転させます。

5.P1を押してBを所定の位置に合わせます。

6.P2を押し、Cを1回転させます。

7.P1を押してCを所定の位置に合わせます。

8.P1P2を同時に押すと、調整が完了します。すべての針が回転し、時計の調整行程が終わったことを示します。P1P2を5秒以内に押さなかった場合、調整は自動的に終了します。

 

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Loomi

LOOMI

ライト

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Retrograde | タイミングモード

タイミングモード

押すノ

1. 上部プッシュボタン:クロノグラ フの開始

2. もう一度押す:経過時間の確認

3. 下部プッシュボタン:リセット

レトログラード:計時は最長2時間

このページを印刷

最新マニュアル: 再調整 | Standard

再調整

クロノグラフの調整(例:電池交換後や激しい衝撃を受けた後など)

1. リューズをBの位置まで引く。

2. 上部ボタンを押し、10分の1秒カウンターの針を12時00分の位置に戻す。

3. 下部のボタンを押し、秒針を12時00分の-位置に戻す。

4. リューズをCの位置まで引く。

5. 上部ボタンを押し、分カウンターの針を12時00分の位置に戻す。

6. リューズをAの位置まで押す。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Loomi Touch

追加機能

スウォッチを軽く叩きます。

ルーミが灯ります。

 

このページを印刷

最新マニュアル: 曜日/日付設定 | Standard

曜日/日付設定

日付をセットする場合、リューズをBのポジションに合わせ、逆時計方向に回し、曜日をセットする場合、リューズを時計方向に回します。セット終了後、リューズをAの位置に戻します。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Retrograde | 速度計

速度計

100メートル、あるいは1000メートルを基準としたスピードを計測するにはノ

1. スタート時に、上部プッシュボタンを押す。

2.100メートル、あるいは1000メートルの走行後に再び押し、止める。速度計目盛り上の60秒カウンター(レトログラードの場合:30秒カウンター)で表示されたスピード(km/h = kph)を読む。

3. 下部プッシュボタンを押し、リセット。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Pop

追加機能

注:

Swatchをいつものようにバンドで着用したり、時にはお気に入りの衣服に直接はさみ、ポップ・オンをお楽しみください。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Scuba

追加機能

調整リングの使い方

活動のスタート時間をセットし、所要時間を計測します。調整リングの目盛りを分針に合わせます。経過時間は分針の指す調整リング上の目盛りに表われます。

注意:アイロニー・スキューバ200クロノはプロのダイバー用時計ではありません。

注意:スキューバ 200クロノが塩水に触れた後は真水で洗い流してください。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Standard | 追加機能

追加機能

次の順序でボタンを押して下さい

1. 部ボタンで計測がスタートします。

2. 上部ボタンで第一回の経過時間を 読み取ります。

3. 上部ボタンを押すとクロノグラフが 再スタートします。

4.上部ボタンで追加時間を読み取ります。(2と3の過程を何回も繰り返すことができます。)

5.下部ボタンでリセットします。

このページを印刷

最新マニュアル: 再調整 | Touch / Fun

再調整

テスト/再調整

リューズを5秒間押します。針が12時を示せば、テストは完了です。リューズを押して、元の時刻に戻します。

もし針が正確に12時を示さない場合、リューズを2の位置まで引き出します。短針を時計方向に回し、長針を逆時計方向に回して、時刻の再調整を行ないます。リューズを押すと、針は元の時刻を示します。

 

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Standard | 速度計

速度計

100メートル、あるいは1000メートルを基準としたスピードを計測するにはノ

1. スタート時に、上部プッシュボタンを押す。

2.100メートル、あるいは1000メートルの走行後に再び押し、止める。速度計目盛り上の60秒カウンター(レトログラードの場合:30秒カウンター)で表示されたスピード(km/h = kph)を読む。

3. 下部プッシュボタンを押し、リセット。

 

 

このページを印刷

最新マニュアル: 電池の交換 | Touch / Fun

電池の交換

1. スクリュードライバーでプラスチックのふたを注意して開けて下さい。

2. 「+」側を下にした状態でバッテリーを交換します。

3. その上にプラスチックカバーをカチッとするまでしっかり締めて下さい。

注意: ゴム製のガスケットが正しい位置にあること、汚れたり破損していないことをよく確認してください。

注意

電池を交換する際、脇の(+)極と底の(-)極を破損させないようご注意下さい。

重要:認可のない者に取り扱われた Swatch の時計は、メーカー保証の対象ではありません。

 

 

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Chrono Automatic | タイミングモード

タイミングモード

押すノ

1. 上部プッシュボタン:クロノグラ フの開始

2. もう一度押す:経過時間の確認

3. 下部プッシュボタン:リセット

 

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Retrograde | スプリットタイム

スプリットタイム

次の順序でボタンを押して下さい

1.上部ボタンでストップウォッチはスタ ートします。

2.下部ボタンで経過時間を読み取りま す。

3.下部ボタンを再び押すと継続します。(クロノが計測を続けているので、2と3の過程を何回も繰り返すことができます。)

4. 上部ボタンで計測がストップします。

5.下部ボタンでストップウォッチがリセ ットされます。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Standard | タイミングモード

タイミングモード

押すノ

1. 上部プッシュボタン:クロノグラ フの開始

2. もう一度押す:経過時間の確認

3. 下部プッシュボタン:リセット

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Chrono Automatic | 追加機能

追加機能

次の順序でボタンを押して下さい

1. 部ボタンで計測がスタートします。

2. 上部ボタンで第一回の経過時間を 読み取ります。

3. 上部ボタンを押すとクロノグラフが 再スタートします。

4.上部ボタンで追加時間を読み取ります。(2と3の過程を何回も繰り返すことができます。)

5.下部ボタンでリセットします。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Chrono Automatic | 速度計

速度計

100メートル、あるいは1000メートルを基準としたスピードを計測するにはノ

1. スタート時に、上部プッシュボタンを押す。

2.100メートル、あるいは1000メートルの走行後に再び押し、止める。速度計目盛り上の60秒カウンター(レトログラードの場合:30秒カウンター)で表示されたスピード(km/h = kph)を読む。

3. 下部プッシュボタンを押し、リセット。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Retrograde | 追加機能

追加機能

次の順序でボタンを押して下さい

1. 部ボタンで計測がスタートします。

2. 上部ボタンで第一回の経過時間を 読み取ります。

3. 上部ボタンを押すとクロノグラフが 再スタートします。

4.上部ボタンで追加時間を読み取ります。(2と3の過程を何回も繰り返すことができます。)

5.下部ボタンでリセットします。

このページを印刷

最新マニュアル: 時間設定 | Touch/Fun

時間設定

時刻合わせ

リューズを2の位置に引出します。長針はゆっくりと回し、短針は速く回して時針を合わせます。リューズを元の位置に戻します。

 

このページを印刷

最新マニュアル: 再調整 | Chrono Medium

再調整

クロノグラフの調整(例:電池交換後や激しい衝撃を受けた後など)

1. リューズをBの位置まで引く。

2.下部のボタンを押し、秒カウンターの針を12時00分の位置(レトログラードの場合:60分カウンターの針を0の位置)に戻す。

3. リューズをCの位置まで引く。

4.上部ボタンを押し、秒カウンターの針を12時00分(レトログラードの場合:3時00分)の-位置に戻す。

5.下部のボタンを押し、10分の1秒カウンターの針を12時00分の位置に戻す。(レトログラードの場合:1/2分計を0の位置に戻す)

6. リューズをAの位置まで押す。

このページを印刷

最新マニュアル: 時間設定 | Swatch Touch

Time Settings

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5. 秒
6. 時間
7. シンボル
8. 分
9. クロノ、アラーム、タイマーは、アクティブ時のみに表示されています。
10. 1.5 秒間タッチ
11. ショートタッチ
12. 1.5 秒間タッチして確定します。
13. - には左へスクロール/ + には右へスクロールします。

このページを印刷

最新マニュアル: 曜日/日付設定 | Swatch Touch

Date Setting

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5. 日付シンボル
6. 月
7. 日
8. 年
9. 1.5 秒間タッチ
10. ショートタッチ
11. 1.5 秒間タッチして確定します。
12. - には左へスクロール/ + には右へスクロールします。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Swatch Touch | Alarm

Alarm

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5. アラーム・シンボル
6. 時間
7. アラーム ON
8. 分
9. アラームを停止するにはタッチします。
10. アラーム OFF
11. T1基盤のアラーム、アラームは再起動するまで残ります。
12. 1.5 秒間タッチ
13. ショートタッチ
14. 1.5 秒間タッチして確定します。
15. - には左へスクロール/ + には右へスクロールします。

このページを印刷

最新マニュアル: クロノグラフの調整 | Swatch Touch

Chronograph Settings

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5.  開始
6. 停止
7. 再開
8. 停止
9. リセットするには 1.5 秒間タッチします。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Alarm | Alarm

TOUCH ALARM

アラーム時刻の表示

スウォッチにタッチします。

時計の針が4秒間、アラーム時刻を示します。

アラーム停止

スウォッチにタッチして、アラームを止めます。

アラームのON/OFFとアラーム設定

リューズを押すと、針がアラームモードのON又はOFFを示します。リューズを押してモードを変えます。

リューズを1の位置まで引き出し、針は最後に設定したアラーム時刻を示します。新たにアラーム時刻を設定する際、リューズを回します。(長針はゆっくりと回し、短針は速く回します。)リューズを元の位置に戻し、針が時刻を示すと、アラームモードがONになります。

アラーム・デモ

リューズを2秒間押すと、アラーム・デモがスタートします。リューズを再び押すと、止まります。

重要事項:時計の針がON/OFF(アラームモード)を正しく表示ない際、タッチアラームを調整して下さい。(電池交換後や衝撃が与えられた後)。

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Swatch Touch | Timer

Timer

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5. 1.5 秒間タッチ
6. ショートタッチ
7. 1.5 秒間タッチして確定します。
8. - には左へスクロール/ + には右へスクロールします。
9. 開始
10. 停止
11. タイマー最大 99 時間 59 分 59 秒

このページを印刷

最新マニュアル: 追加機能 | Swatch Touch | Beep

Swatch Touch Beep

1.  1 秒間タッチ
2. アクティブモード
3. バックライトを点けるには、1.5 秒間タッチします。
20 秒後、最後に起動したモードになります。
タッチ・インターフェイスの最適利用のためには、時計は手首に着用するか、バッテリ・カバーをタッチします。
4. スクロールして、機能を変更します。
5. ビープ ON
6. ビープ OFF
7. 1.5 秒間タッチして確定します。

このページを印刷

最新マニュアル: 電池の交換 | Swatch Touch

Battery Change

1. バッテリ変更
2. バッテリ参照: CR1632, 16.00 x 3.20/3.00V

このページを印刷

最新マニュアル: 時間設定

test

test

このページを印刷