概要ページに戻る
  • Kaj Zackrisson
    スウェーデン | フリースキー Kaj Zackrisson

名前

Kaj Zackrisson

生年月日

1973年3月11日

居住地

レットヴィーク、オスロ、シャモニー

紹介

人なつっこい笑顔がにくめない Kaj は、2001年世界選手権銀メダル、Verbier Xtreme で3度の優勝(2006、2008、2010)、Swatch O'Neill Big Mountain Pro (2007年)優勝、2010年 Freeride World Tour での総合優勝という燦然と輝く経歴を持ち、スピードとエレガントなフリーライドをとことんまで追求するスキーヤーの中のスキーヤーとも言える存在。にこやかな笑顔と、いつもはすっぽりかぶったオリジナルビーニーから見えるブロンドのドレッドロックが彼のトレードマークだ。Kaj はフリーライドの世界では愛される存在であり、その個性は多くの尊敬を集めている。 一点の曇りもない、なめらかな滑りと、「その一瞬を生きる」という人生哲学は周囲の者を惹きこんでいく。想像性を大切にする楽観主義者でもある Kaj は、究極のスキーと同じくらいに帽子作りにもその才能をいかんなく発揮している。友人でもあり、同じくフリーライダーでもある Sverre Liliequist と一緒に「Kask」という帽子会社を共同経営。スキーヤーに愛されるビーニーをデザインするのも Kaj と Sverre である。多才な Kaj は、自身が経営する映像プロダクション Swedish Posse の作品にも出演し、スキーと雪、そして美しい自然に対する情熱を傾けている。監督作品には第11回 Powder AwardsのBest Natural Airにノミネートされた "The Way I See It" (2010)、Très Bonne Equipe (2011) がある。Kaj は Sverre とともに「Swatch Catch the Moment Portrait」に出演、スキー、人生の哲学、帽子について語ってくれた。


得意技

Kaj はフリーライドでその本領をいかんなく発揮する。シャープで効率性の高い滑りの技術は、まさに完璧そのもの。


競技以外の横顔

Kaj は、余暇を利用してダートバイク、スケートボード、マウンテンバイクにいそしむ。ジムやヨガのレッスンも欠かさない。モトクロス、ゴルフ、テニスとスポーツならなんでも得意。
Kaj は帽子の専門会社 Kask (スキー仲間であり、友達でもある Sverre Liliequistがパートナー)を経営。
スキーの映像プロダクションであるSwedish Posse の共同創業者でもある。


個性

トレードマークはブロンドのドレッドロック。そして人なつっこい笑顔はスキーヤーにカリスマ性のあるモデルとしてのポジティブな空気を伝染させるほど印象的。スキーを履いていない彼はとっつきやすく見えるが、一旦スキーを履くとキレのよい動きと極限までのスピードを駆使し、悪魔が乗り移ったように豹変。Kaj はいつでも力いっぱい滑る。それは勝つためではなく、完璧を追及する楽しみのためなのだ。