Olaf Hajek

Olaf Hajek は、常にカラフル、時に非現実的、ちょっと調子の外れた世界を構築するため、変化に富んだ情報源を描きながら自身の作品の中に現実と想像の関係性を探求しています。